神仙桑抹茶ゴールド

神仙桑抹茶ゴールドの効果・効能について

青汁

 

お茶村の神仙桑抹茶ゴールドを愛飲している方も沢山いると思います。

 

そのユーザーが期待している効果や効能としては、
便秘解消だったり、ダイエット効果だったりだと思います。

 

このような効果は、青汁自体に含まれている素材がなんであるのか?

 

それに含まれている成分によって決まってきます。

 

神仙桑抹茶ゴールドに使われている主な素材は、桑の葉ですね。

 

桑の葉には食物繊維が豊富に含まれているので、
腸内をお掃除してくれる役割を果たしますね。

 

それに、桑の葉には、知る人ぞ知る特別な成分であるDNJが含まれていることも
最近になって広く知られるようになってきました。

 

DNJは、食事をした後の消化のプロセスの中で、
糖分の吸収を抑えてくれて血糖値の上昇も抑えてくれる効果があると考えられています。

 

ですので、神仙桑抹茶ゴールドを食事のチョッと前に飲むことは、
糖質の摂取が気になる方や、ダイエットしたい方にはとても有効な手段だと思います。

 

健康が気になる方は、飲んでみる価値ありですね。

 

神仙桑抹茶ゴールドの成分について

今から神仙桑抹茶ゴールドを飲み始めようかな〜と思っている方が気になるのが
含まれている成分だと思います。

 

桑の葉の中には、例のDNJが含まれていますが、
桑の葉というのは実は驚くほど健康に良い成分が沢山含まれています。

 

桑の葉には、βカロテンやビタミンE、それにビタミンCにビタミンBなどビタミン類も豊富です。

 

更には、カルシウムや鉄分、マグネシウムなどのミネラル成分も沢山含まれています。

 

このような優れた栄養成分を含んでいる桑の葉が、
青汁の素材として選ばれているのも理解できますね。

 

 

 

次に、原料として使われているのがシモンです。

 

シモンも豊富な栄養成分が含まれている芋類だと
最近になって良く知られるようになってきました。

 

シモンは、土の中の栄養成分を吸い上げて吸収するパワーが
サツマイモなどに比べると格段に強いのだそうです。

 

それで、ビタミンAやビタミンB系統(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6、ナイアシン)、
更にはビタミンCやビタミンE、ビタミンKなどが豊富に含まれています。

 

ミネラル類に関しても、鉄分やカルシウム。

 

そして食物繊維やパントテン酸、葉酸、葉緑素、レチシンなどが含まれています

 

 

 

それと、風味を高めるために使われているのが抹茶ですね。

 

緑茶というのは、そもそも日本人にかなり馴染みがありますが、
実は健康に良い飲み物でもあります。

 

緑茶には皆さんが良く知っているカテキンや
サポニン、テアニン、カフェインなどが含まれています。

 

カテキンは、ポリフェノールの一種で殺菌や消臭作用があるともいわれています。

 

神仙桑抹茶ゴールドに含まれている成分は、以上のような感じです。

 

<美味しい青汁情報ご紹介>
神仙桑抹茶ゴールド:桑の葉とシモン、緑茶の無農薬・無添加青汁です。

更新履歴