ケールの青汁

ケールの青汁について

ケール

 

ケールの青汁は青汁の父と呼ばれる遠藤仁郎医学博士が作りました。

 

そしてケールの青汁は、遠藤青汁普及会やキューサイの青汁のテレビCMによって
日本中に広まり、初期の青汁の主役だと言っても過言ではありません。

 

そもそもケールという植物は、地中海原産なのですが、
遠藤仁郎医学博士は輸入して青汁の材料として採用しました。

 

ケールには普通の緑黄色野菜と比べると、
はるかにビタミンなどの栄養成分が含まれているので
野菜の王様とも呼ばれています。

 

日本中、どこでも栽培できるので
青汁の原料としても適していると思われます。

 

ケールには、凄い苦味があります。

 

ケールの青汁を飲み続けることが出来る人はそう多くはありません。

 

それで、ひと昔のバラエティショーではケールの青汁を飲み干すことが
罰ゲームとして採用されていた時代もあります。

 

ケールの青汁にも幾つかの種類があります。

 

例えば、生青汁や冷凍青汁、それに粉末青汁やタブレットタイプなどです。

 

一番苦味が強いのがケールを絞っただけで、それ以上加工していなくて
ケールの成分がそのまま残っている生青汁と冷凍青汁です。

 

加工されていない自然派のケールの青汁がお好みの方は、
苦いですが生青汁か冷凍青汁がお勧めです。

関連ページ

青汁の歴史
ここでは、青汁の歴史について簡単にご紹介します。
大麦若葉の青汁
ここでは、大麦若葉の青汁に関するい情報をご紹介したいと思います。
明日葉の青汁
ここでは、明日葉の青汁に関するいろんな情報をご紹介したいと思います。
桑の葉の青汁
ここでは、桑の葉の青汁に関するいろんな情報やをご紹介したいと思います。
ユーグレナの青汁
ここでは、ユーグレナの青汁に関する情報をご紹介したいと思います。
クマザサの青汁
クマザサの青汁の情報をご紹介します。